Chez Smile Blog

 〜すみれの不育症克服プロジェクト〜
 はじめてこのサイトを立ち上げてから10年
 まだまだご覧になられる方も多くいらっしゃるようですので、
 blog版に順次移行を図っていこうと思っています。

 
産科外来ぁ1999.11.20〜
1999.11.20 34w3d
       尿検査、超音波検査、NST、ドップラー → 特に異常なし。順調とのことです。
       浮腫 → またもや+
       最後のカプロシン処方


       
       毎度ながら腕です。


       
        これは難解。目と目と鼻。上から見た絵です。
        残念ながら今回は2枚しか頂けなかった・・・

1999.11.30 35w6d
       尿検査、NST、ドップラー、内診 → 異常なし。
       浮腫 → マイナス(^。^)
       おりもの検査、血液検査         
       カプロシン&バファリン中断。

1999.12. 7 36w6d
       尿検査、NST、ドップラー → 異常なし
       浮腫 → ± (^_^;)
       おりもの検査、血液検査 → 特に異常なし。貧血もOK!

1999.12.14 37w6d
       尿検査、NST、ドップラー → 特に異常なし
       浮腫 → マイナス(^.^)(^.^)
       内診

1999.12.21 38w6d
       尿検査、NST、ドップラー → 異常なし
       浮腫 → かろうじてマイナス(^_^;)
       内診 → 依然として子宮口に変化なし
       血液検査

1999.12.28 39w6d
       尿検査、NST、ドップラー → 異常なし
       浮腫 → マイナス
       内診 → かろうじて一指分開いているらしい(^_^;)
       12/21の血液検査 → 特に異常なし

2000. 1. 5 41w0d 陣痛を誘発するため入院
        9:30  NST、剃毛
       15:30 子宮口を柔らかくする注射
       16:20 ドップラー
       18:30 内診→子宮口の開きは未だ一指→ラミナリア挿入
       23:00 陣痛室へ
           NST→胎児心拍に異変→ラミナリア摘出、子宮収縮を抑える注射

2000. 1. 6 41w1d
        1:00 胸部レントゲン、心電図、抗生剤チェック
        1:16 帝王切開開始
        2:00 オペ終了(卵巣嚢腫も合わせて摘出)
        1:42 2598g の女児誕生
        詳細については出産報告を・・・

2000. 1.13 内診、抜糸

2000. 1.15 母子ともに無事退院

2000. 2. 8 産後1ヶ月検診
       尿検査、内診 → 異常なし

| chezsmile | 産科外来、そして出産 | 21:06 | comments(0) | - |
産科外来 1999.9.5〜
1999. 9. 5 23w3d
        尿検査、超音波検査、ドップラー →特に異常なし。順調とのこと。
        血液検査
        カプロシン、小児用バファリン、鉄剤処方。

301
        
        頭部断面画像

 
       
        顔を斜めからみた画像


        
        手、ひじ、腕の部分


        
        足の裏

1999. 9.19 25w3d
       尿検査、ドップラー→特に異常なし
       9月5日の血液検査→12因子活性127% 貧血やや改善するも未だ基準値以下
       浮腫±→塩分摂取注意要
       カプロシン、鉄剤処方。

1999. 9.28 26w6d
       尿検査、超音波検査、ドップラー→特に異常なし
       超音波検査によると、どうやら女の子らしい・・・
       血液検査
       カプロシン、小児用バファリン、鉄剤処方。


         
        左:眼球と鼻を上から見たところらしい
        右:腕部(だいぶたくましくなってきた)

306
         
        左:顔を斜め上からみたところ。見ようによっては非常にリアル。
        右:???よくわかりません

1999.10.16 29w3d
       尿検査、ドップラー→特に異常なし
       血色素10.5g/dl→やや改善す基準値以下→鉄剤処方
       カプロシン処方

1999.10.27 31w0d
       尿検査、超音波検査、ドップラー→特に異常なし
       血液検査
       浮腫+→塩分制限
       小児用バファリン、カプロシン、鉄剤処方


       
       顔の側面に手腕部をのっけてるところ


       
       恒例!足の裏。随分大きくなった。


       
       横顔

310
       
       左:お鼻のアップ(鼻の穴がバッチリ)
       右:顔
       (共に画像は横向き)

1999.11. 7 32w3d
       尿検査、NST※、ドップラー → 特に異常なし
       浮腫±、貧血ようやく基準値まで改善。
       カプロシン処方。(鉄剤はパスです!)
       
※NSTとは・・・
妊娠9ヶ月からこの検査が加わります。
検査室の張り紙を読むと、ノン・ストレス・テストの略ということで、赤ちゃんがお産のストレスに耐えられるかを調べる検査ということです。どうやら赤ちゃんの心拍や運動状況、母体の子宮収縮をモニターしいるようでした。実査時間は15分程度。
インターネットで調べてみたら・・・
「赤ちゃんの健康状態をチェックするための検査。また、赤ちゃんが産道を通って無事に生まれてくるだけの元気があるかどうかを見る検査。胎動があったとき赤ちゃんの心拍数が増えれば元気な証拠!心拍数に変わりがないときは、赤ちゃんには自然分娩に耐えるだけの力がない!!ということに・・・」ということでした。ナルホド!


| chezsmile | 産科外来、そして出産 | 21:04 | comments(0) | - |
産科外来◆1999.7.3〜
1999. 7. 3 14w3d
       経腹エコー検査→順調とのことです。
       内診、ドップラーにて心音確認。
       尿検査、血液検査、カプロシンならびに小児用バファリン処方
21
       
       全体像です。大きさは?です。
22
       
       右のバーコードみたいなものは、胎児の心臓の動きをモニターしているそうです。
       下にある156bpmは胎児の心拍数かな?
23
        
        胎児の頭を俯瞰から見たものです。大横径30mmということ?
24
       
       これは胎児の手腕部分です。

1999. 7.17 16w3d
       ドップラーにて心音確認。内診→特に異常なし
        7/3の検査結果:血液凝固12因子活性88%
        カプロシン処方

1999. 8. 4 19w0d
       尿検査、超音波検査、内診、ドップラー →異常なし
       血液検査、カプロシン処方
       午後から母親学級に出席

25         
         
         胎児の横顔


26       
         胎児の頭

27         
         胎児の手腕。何かをゆび指してるみたいです。

28         
         足の裏。足を交差させているみたいです。

1999. 8.21 21w3d
       尿検査、ドップラーにて心音確認。→特に異常なし
       カプロシン処方
       【8/4の血液検査の結果】
        12因子活性52%
        貧血(血色素9.5g/dl)→鉄剤(フェロミア錠50mg)処方

 
| chezsmile | 産科外来、そして出産 | 17:45 | comments(0) | - |
産科外来 1999.4.26〜
1999/4/19
生理周期27日に少量の出血があるが、その後の出血がほとんど見られず*、基礎体温も高温が続いていることから、高温期から服用している小児用バファリンは継続。
* 着床時に見られる「月経様出血」というものらしい。

1999/4/21
市販の妊娠判定薬で検査してみたところ、陽性反応が出る。

1999/4/22
「月経様出血」とは違うと思われる出血(どす黒い血塊)が少量あり。

1999/4/23
排泄時に茶色いオリモノ有。24日も同様に続く。

1999/4/25
22日と同様の出血有。茶色いオリモノも続く。
小児用バファリン服用により出血しやすくなるという認識はあったが、あらためて「切迫流産」の危険性を感じる。

1999/4/26(4w5d)
切迫流産とヘパリン治療**のため緊急入院。
経膣エコーで胎嚢3.3mm確認。子宮外妊娠を否定。
血液検査。午後からヘパリンの24時間点滴開始。(5000単位/日)
**私自身の血液凝固12因子の活性低下の原因として、12因子を認識する抗体陽性の可能性が出てきたことから、主治医とのインフォームド・コンセントのもと、急遽小児用バファリンとヘパリンを併用することに決定。東海大の場合、ヘパリン治療の方法として24時間の点滴もしくは12時間ごとの皮下注射がある。私の場合、働いていることもあり長期入院は不可能なため、早速ヘパリンの自己注射の練習をすることになる。

1999/5/1(5w3d)
経膣エコーで胎嚢12.7mm確認。12因子活性(26日実施分)・・・57%
血液検査・尿検査。

11
        

1999/5/2
茶色いおりもの止まる。

1999/5/5(6w0d)
食間のむかつき出てくる。



1999/5/6(6w1d)
経膣エコーにて心拍確認。
自己注射開始。12時間おきにヘパリン(カプロシン)0.1mlを大腿部に皮下注射する。
       
2
         
       ほとんど原寸大です。案外小さい注射器でしょ?

1999/5/8
出血もおさまり、心拍も確認。自己注射もおぼえて晴れて退院。

1999/ 5/15(7w3d)
産科外来へ
経膣エコーにて胎芽12mm、並びに心拍確認。
尿検査、血液検査、カプロシン処方。

13
        
1999/5/20(8w1d)
経膣エコーにて胎児19mm、心拍確認。
血液検査、カプロシン処方。

14
        

1999/5/29(9w3d)
経膣エコーにて胎児29mm、少し動いていました。
5.15の血液検査結果・・・12因子50%
尿検査、カプロシン処方。

15          

1999/6/6(10w3d)
経膣エコーにて36.7mmの胎児確認。手足を動かしていました。
血液検査。バファリン、カプロシン処方。

16        


1999/6/15(11W6d)
経膣エコー、胎児の頭殿長57mm。
6/6の血液検査の結果、血液凝固12因子活性・・・72%
尿検査、血液検査。カプロシン処方。

17
       

1999/6/19(12W3d)
経膣エコー、胎児の頭殿長64mm。超音波ドップラーで心音を確認。
カプロシン処方。

       
18
   

    

| chezsmile | 産科外来、そして出産 | 17:15 | comments(0) | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

RECOMMEND
ドヴォルザーク・イン・プラハ
ドヴォルザーク・イン・プラハ

このアルバムに所収の
わが母が教え給いし歌
涙が出るほど感動します。

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop